2011年02月19日

領土問題〜現実的には



竹島を取り返せ!ってネットで吼えるのは簡単だけどさ、これだけ長年実効支配を許しちまったのは日本の落ち度なんで韓国だって今さら「竹島は日本の領土です。お返しします」なんて言うわけないからな。本気で取り返すべきだと言う人には問いたい。


戦争する覚悟はあるのか?と。


あっちは徴兵制がある国だぜ。
俺もそうだけど口先だけのネトウヨに何が出来る?
いざとなったら自衛隊さん命がけで戦ってくださいってか?

現実的には竹島が戻ってくる可能性はとても低い。

が、しかしそれでも領有権は主張し続けなければならない。
これ以上0.1歩たりと譲ってはならん。

尖閣で中国相手に「配慮」しちゃった結果がどうだ、日本はゴリ押しすれば領土を明け渡すんじゃないかと周辺諸国は思い始めている。
北方領土ではロシアと韓国がなにやら企みはじめたしこれに中国まで加わったらややこしいことになる。おまけに親日国だと思っていた台湾まで日本の海の資源に色気出して領海侵犯だ。

このように領土問題というのは1歩譲れば100歩踏み込まれるものなんだ。
早く尖閣諸島を実効支配すること。
竹島付近に自衛隊艦隊を配備して緊張感を演出すること。
日本はやる気だと周辺国に示すことによって始めて相手国は日本の立場を考えるようになる。
まだアジア諸国は旧日本軍の強さを覚えているから、日本は眠れる虎だと思われているんだぜ。

食われたくなかったら虎を起こすな!


もっとも今の日本は借りてきた猫みたいだけどなあ・・・・


posted by カルロス三田 at 11:02| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。