2011年02月19日

中国の食のイメージの崩壊はすごいな。



今では信じられない話だけど一昔前、なんとなく中国って健康的で穏やかな人々の住む国ってイメージがあった。男も女も中国人は素朴で真面目そうで、中国食はなんでも健康食なんだ。


単なるイメージ戦略だったんだけどな


なんとか屋の香酢のCMとか、サ●トリー烏龍茶のCMがそうだったな。
性格のよさそうな中国の娘さんと自然で健康に良い食物のイメージな。

あとそうそう、女子十二楽坊てのもあった。
あの娘たちが中国や東南アジアで演奏していたときにはスパンコールの入ったギンギラ衣装にケバい化粧だったのを、日本で売るためにナチュラルメイクと清楚なワンピースにしたんだ。
そしてあのプロモビデオ。このイメージ戦略は当たったねえ。

しかしせっかく日本の広告代理店ががんばって作り上げた中国の良いイメージもここしばらくですっかり崩壊したな。
中国産食材は安いけどどんな有毒物質が入っているか分からないイメージだ。
だから俺は食生活においては極力チャイナフリーにしている。

もっとも中華料理は大好物なのでやめられないけど。。。。

posted by カルロス三田 at 00:55| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。