2011年02月17日

がんばれ愛之助



隠れ妻子が居たっていいじゃないか。

彼は一般家庭の出身なんだってな。

歌舞伎界は血統主義だから一般家庭出身で主役を張れるチャンスは普通無いんだ。

そもそも何で演劇の一種である歌舞伎は実力じゃなく血統を重んじるのか?

それは


常人離れした巨顔の血筋を守るためだ


だからさ、歌舞伎役者ってのは嫁をもらうのも歌舞伎界からか、外部からならとにかく顔の大きい女を選ぶ義務があるはずなんだよ。



たとえば片桐はいりみたいなのこそ歌舞伎の妻にふさわしいんだよ。




歌舞伎役者は小顔の女優だの女子アナだのアイドルだのと結婚するんじゃねえ!



巨顔を守れないなら歌舞伎の血統なんか必要はない。

外部から才能あるものをどんどん登用すべきなんだ。
posted by カルロス三田 at 12:22| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。